HERZのロールペンケース

オシャレなデザイン

ヘルツの革紐留めペンケースのオシャレさは、ひとえにそのシンプルさにあります。
革の素材を最大限に生かすことをモットーにしているヘルツでは、多くの色や素材を組み合わせたり、
複雑で凝ったデザインに頼ることなく、ひたむきに革の良さを伝えるシンプルな作品造りをしています。
そのため革紐留めペンケースも、1枚の革をくるりと巻いたシンプルな形にすることで、革の良さを前面に出しています。
単純でシンプルな形だからこそ、圧倒的に革の存在感を出すことが出来るのです。

さらにその革のボディを革のストラップで巻いて留めるので、全てが革で出来ているのもデザインの特徴です。
革紐留めでは金属などの異素材を使っていないので、革本来の表情が存分に生きたペンケースとなっています。

ヘルツの革紐留めペンケースは、革本来のシワや傷を残した素材が野性味あふれ男性的であり、
それでいてソフトレザーと丸いフォルムが女性らしい柔らかさを感じさせる、
男性が持っても女性が持っても上品でオシャレなデザインです。

意外にたくさん入る

革紐留めペンケースの特徴の一つとして、コンパクトでカバンに収納しやすいという点があります。
しかしいくらコンパクトでも、必要な文房具が少ししか入らなければ、ペンケースとしての意味がありません。
ヘルツの革紐留めペンケースは、ペン、鉛筆、消しゴム、定規など日常で使う文房具は十分に入るだけの容量があります。

その理由のひとつは、ロール形であるということです。
丸い形は角に使わない余白部分を作ることがなく、隙間なく文房具を収納することが出来ます。
さらに丸い形はカバンのどんな場所にも入りやすいため、大容量でもかさばることなく持ち運びが出来るのです。

もう一つの理由は、両サイドのジャバラ造りです。
両サイドをジャバラにすることでペンケースにマチが出来、多くの文房具を入れることが出来ます。
さらにジャバラであることで、革紐をほどくと口が大きく開くので、文房具の出し入れをしやすいというメリットもあります。

この二つの利点を生かして、ヘルツの革紐留めのロールペンケースは見た目以上に物が入るのです。